『情報屋の隠れ宿』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ニキビの治し方
ここでは、色々なサイトで見た情報をわかりやすくまとめてみました。



① にきびに良いと言われる、洗顔料やローション・クリームや美容液を使う、にきび治療のエステに通う、病院で処方された薬を使う は治らない可能性があるらしい。


② にきびが減らないのは、新しい にきびができ続けてるから。



③ にきびができるのは、石鹸の洗い落とせてないやつが原因。



④ シャンプーや石鹸の洗い残しに、気を付けてれば にきびはなくなる。



⑤ にきびがなくなっても、跡が残るかもしれない。



⑥ 化粧水を顔につけることで、角質がとれて跡もなくなる。


                         
⑦ 以上に気を付ければ、もうにきびで悩まなくてもいい。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
都内 自殺 事故物件紹介
これから引っ越そうと思うとき、一度は気になること それは物件の過去。

oshimateru2.jpg


自殺や他殺、そして焼死や転倒などの事故死などが発生した部屋を不動産業界では “事故物件” という。
事故物件の場合、不動産屋は借りようとしている客に対して、事故物件であることを告げるのが義務として
あるという。宅建業法に沿って告知をし、それでもよければ入居してもらうということになる。

しかし、事故物件は事故の次の入居者に告げることはルールとして義務となっているが、次の次の入居者に
告げることを義務としていない。つまり、過去に事故物件として存在していた部屋が、次の次の入居者には
何事もなかったかのように借り出されるわけである。こ、これは恐ろしい。たとえ幽霊を信じていなかった
としても、そこが誰かが死んだ部屋だと知っていたら住みたくないという人は多いはず。

「これから引っ越すのに不安じゃん!」という人に、ガジェット通信ネットウオッチャー班が必見のサイト
をご紹介しよう。そのサイトは『大島てる - CAVEAT EMPTOR』といい、過去に死亡者が出た物件をこと細か
く紹介しており、住所とマンションの部屋番号、そしてどういう死に方をしたのかまで書いているのである。
これはマスコミにすら知らされない情報であり、一般人の私たちが知る由もない情報である。そう、この
サイトは不動産屋(もしくはいくつかの物件を持つ家主)が運営しているのだ。そもそもこのサイトは
『大島てる』という屋号(?)で物件を紹介している人物のサイトで、事故物件情報とともに、まともな
物件情報も掲載されている。

このサイトでは、「本サイトでは,殺人事件や火災による死亡事故等の嫌悪すべき歴史的事実があった
物件を事故物件と定義します」と、明確に事故物件の定義をしている。このサイトが紹介している事故
物件は、東京23区、横浜市、川崎市の3地区で、『Google Maps』のシステム上で事故物件を調べることが
できる。事故物件がある場所には炎のマークがついており、そのマークをクリックすると住所と部屋番号、
そしてどのような死に方をしたのか書かれているのだ。



大島テル
http://www.oshimaland.co.jp/index.html
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
巨大イカ
ダイオウイカ 
スカンジナビアには、深海にひそみときおり海面に現れては漁船を水中に引きずり込む怪物の伝説がある。19世紀の中頃になってようやくそれが巨大なイカであることがわかってきた。

ika-thumb.jpg


形態
非常に大きなイカで、日本での発見例は外套長1.8m、触腕を含めると6.5mにもなるという。ヨーロッパで発見されたタイセイヨウダイオウイカで、特に大きなものは体長20mを超えたとも言われる。

ダイオウホウズキイカとともに、世界最大級の無脊椎動物(同時に、頭足類)として知られている。

直径30センチメートルにもなる巨大な目を持ち、ダイオウホウズキイカとともに、生物界で最大とされている。これによりごく僅かの光をも捉え、深海の暗闇においても視力を発揮できる。

触手の長さと胴体の大きさに比べて、胴体先端の遊泳鰭が小さく、筋肉中にアンモニウムを大量に含んでいることから遊泳能力はあまり無いとされてきたが、後述する生きた姿の撮影によって、そうではないとされるようになった。


生体
北アメリカやヨーロッパ付近の大西洋、ハワイ島付近、日本では小笠原諸島などの広い範囲で発見例があるものの、深海に棲息するため、全体としては発見された数が少なく、しかも、台風によって浜辺に打ち上げられたり、死骸が漂着するなどの発見例がほとんどである。2006年(平成18年)12月、世界で初めて日本の研究家がダイオウイカの映像を撮影することに成功したぐらいで、生きている個体を見られることはほとんど例がない。そのため、生態については、とても強い力を持ち、深海で活発に動き回っているという程度しか判明していない。生きた個体の体色は赤褐色であることが確認されているが、標本や死んで打ち上げられた個体は、表皮が剥がれ落ち、白く変色する。

天敵はマッコウクジラであると言われる。マッコウクジラの胃の内容物から本種が発見されることも多く、皮膚に吸盤の痕跡が残っていたりもする。ダイオウイカの吸盤には鋸状の硬い歯が円形をなして備えられており、獲物を捕獲する際にはこれを相手の体に食い込ませることで強く絡みつくと考えられている。しかし、マッコウクジラはこの吸盤でしがみつかれて体表を傷つけられても、構わずに丸呑みにしてしまう。弱った個体がサメなどの他の肉食動物の餌にされたり、幼体時の浮遊期にも、稚イカが多くの生物の餌になっていると思われる。

一方、ダイオウイカが捕食する獲物は、オレンジフィッシャーやホキといった魚や、アカイカ、深海棲のイカなどであることが、胃の内容物などから明らかにされている。

ダイオウイカの卵はクリーム色もしくは白色をしており、およそ1mm程度である。


battle2.jpg



ダイオウイカによって刻み付けられた
吸盤の傷痕が残るマッコウクジラの皮膚

230px-A_piece_of_sperm_whale_skin_with_Giant_Squid_sucker_scars.jpg



最近のニュース
ダイオウイカが深海で捕食する様子を、日本国立科学博物館の窪寺恒己らが史上初めて撮影に成功。2005年(平成17年)9月27日、科学雑誌『ネイチャー』に発表した。

2006年(平成18年)12月4日、同じく窪寺とNHKの調査チームにより、生きているダイオウイカが小笠原において捕獲された。その際、漏斗から海水を勢いよく噴き出して強い推進力を得ることが映像によって確認され、「深海をゆっくり移動して生活している」とする従来の説が否定された。

2007年(平成19年)7月10日、タスマニア島西岸の港町ストローン近郊のオーシャンビーチに打ち上げられた。

2008年(平成20年)7月28日、日本国立科学博物館新宿分室にて、動物第3研究室長・窪寺恒己の監督の下、インターナショナル魚拓香房の山本龍香会長および会員が、ホルマリン保存されていたダイオウイカを水槽から出して間接法によるカラー魚拓を制作した。触腕と触手を伸ばした構図で、ダイオウイカが元気に水中を泳いでいる姿を色鮮やかに魚拓として完成させることに成功した。実物大のダイオウイカが生前の体色で詳細に再現された貴重な魚拓である。この魚拓作品は2枚制作され、1枚は科学博物館に教育用資料として活用されるべく贈呈された。制作状況はNHKテレビ番組『熱中時間』で取材され、2008年10月9日にNHK衛星第2放送にてドキュメンタリーとして紹介された。

2010年(平成22年)2月20日、日本の新潟市西区五十嵐一の町の海岸で、腕を含め全長3.4m、体重109.2kgのダイオウイカの死骸が漂着した。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 情報屋の隠れ宿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。