『情報屋の隠れ宿』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
エリア51
エリア51(Area 51、正式:グレーム・レイク空軍基地)はネバダ州の南部にある、アメリカ空軍の管理する地区。


280px-Wfm_area_51_landsat_geocover_2000.jpg




概要
アメリカ軍機密の航空機のテストを古くから行っていたとされ、近年では、特にステルス機の試験飛行を行っていると考えられている。また、「墜落したUFOが運び込まれているのではないか」とか、「ロズウェル事件と関係しているのではないか」さらに、「グレイと呼ばれる宇宙人が居るのではないか」とも疑われていたが、軍事機密が解除になったのを受け、オンレコで証言をした元職員により否定されている。

いずれにしても、何らかの機密事項が基地内に存在することから、基地の敷地周辺の立ち入りはもちろん、撮影も一切禁止されており、これを無視して進み憲兵や衛兵に見つかった場合は逮捕され、処罰される。特に不審な場合は警告無しに発砲される事もある。



所在地

エリア51、NAFR、及び NTS を見られる地図エリア51はラスベガスの北北西約200km、アメリカ合衆国ネバダ州リンカーン郡のおおよそ60 sq. mi. / 155 km²(神奈川県川崎市ほど)の土地に設置されており、広大な (4687 sq. mi. / 12139 km²、新潟県に匹敵する) ネリス射撃場 (Nellis Range Complex 略 NRC) の一部である。この地域はグルーム及び Papoose 山脈 (それぞれ北部及び南部) 並びに東の込み合った丘によって形作られた、広く大きいイミグラントバレーが形成されている。この2つの山脈の間にはざっと直径3マイル (5 km) はある乾燥したアルカリ性塩湖 (w:endorheic) 、グルーム乾燥湖 (Groom Dry Lake:北緯37度14分25秒西経115度49分7秒) が広がっている。巨大な空軍基地はこの湖 (北緯37度14分6秒西経115度48分40秒) の南西部角上に設置されており、2つのコンクリート製滑走路(うち1つが湖に突き出るように伸びている)及び湖上に4つの未完成滑走路がある。

高解像度衛星写真はこの施設の複合滑走路レイアウト上にいくつかの光が放たれている。 主滑走路がそれぞれの端で1000 x 100 ft (304 x 30 m) のオーバーラン用と共に長さ11,980 x 200 ft (3651 x 61 m) 、1990年代に建設されたコンクリート製滑走路、14L/32Rであり、2番目である短い滑走路は長さ5,420ft x 150ft (1,652m x 45m)、誘導路が2つある12/30として、運営されている2つの滑走路を有している。大変不可解な、古い滑走路は正確に6マイル (9656 m) 長あり、コンクリート製12,500 ft、アスファルト製11,080 ft から構成されていて、現在5560 ft 及び2540 ft はそれぞれ、北及び南端上のアスファルトが取り除かれている。少なくとも3つの古い滑走路の痕跡は多分6マイル長すべてが全体的に使用されないと示唆する事ができる。現在コンクリート部分の6,600 ft (2011 m) 長は滑走路14R/32Lとして、使用されている痕跡である。2つの双子滑走路を形成する、無舗装湖上の滑走路は長さ11,270 ft (3435 m) 並びに横幅100から170 ft (30 to 52 m) の大きさである。

アメリカ合衆国エネルギー省の核兵器(原子爆弾、水素爆弾など)の多くのテスト場所となっている、ネバダ核実験場 (NTS) のユッカ平原地域 (Yucca Flats region) と境界線を共有している。w:Yucca Mountain核貯蔵施設はグルーム湖の南西おおよそ40マイル (64km) に置かれている。

名称 "Area 51" はNTSの古い地図 (現在の地図に記載なし) に掲載されていると、多少物議をかもしているが、同じ名称の計画がネバダ・テスト場の別の場所で行われている。

この地域は北西のマーキュリー及びユッカ平原の西の両方の主要な舗装道路に加え、内部のNTS道路ネットワークに接続している。主要な湖から北東に、グルーム湖道路 (幅広、未舗装状態) は込み入った丘を通過して至る所へ走っている。グルーム湖道路は元々グルーム流域内で鉱山ためにトラック道路として使用されていたが、その使命が終わって以来使用されている。



UFOとの関連

Little A`Le`Inn「墜落したUFOを運び込み、宇宙人と共同研究をしている」という風説が非常に有名である。実際、基地周辺ではUFOらしき未確認飛行物体が頻繁に目撃されていると言われる。ハリウッド映画「インデペンデンス・デイ」やテレビドラマ「Xファイル」でも、侵略者に対するアメリカ政府の最終拠点・およびエイリアン研究施設として登場した。更にインディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国ではロズウェル事件の宇宙人の死体が収容されていた。

一方で、「宇宙人とは何の関係も無く、アメリカ軍が極秘の超兵器を作っておりむしろエイリアン説はそれを隠蔽するためのデマにしか過ぎない」とする見方もある(SR-91 オーロラ戦闘機など)。しかしそのような「現実的な」実験は各所にあるアメリカ軍基地でコッソリやれば良いのであって、わざわざ何をするか分からないような「変わった」愛好家の興味を引くようなデマを流す必要性があるのか疑問だという反論もある。

アメリカ政府の管轄地のため、立ち入り禁止区域に一歩でも侵入すると発砲されたり逮捕されたりしてしまう。取材は原則拒否、撮影も一切禁止されており許可を求めても断られて原則取材はできない。

最近、民間人が閲覧できる衛星画像の中でおそらく最も鮮明な画像を提供しているGoogle社のソフトウェア「Google Earth」で衛星画像を閲覧すると、奇妙な幾何学模様が散見されることが好事家の間で話題になった。しかし、現在ではそのような奇妙な幾何学模様はなくなっている。この幾何学模様は、最近の戦争での航空写真に、SAM陣形がおなじような幾何学模様を描いて映っているものが多々あり、SAM陣地であると思われる。

なお、アメリカ軍や政府はこの様な疑問に対して肯定も否定もしていないが、軍事機密の解除を受け、インタビューに応じた元職員5名により「エリア51にUFOは無い」とUFOの存在を全面的に否定する証言がなされた。



220px-Gisela_Giardino_-_Area_51_(by-sa).jpg
エリア51の境界に立つ警告看板



政府の見解

エリア51の境界に立つ警告看板一般に販売されている地図や「Google Earth」にまで掲載されているのみならず、存在を隠すことができないほど広大であり、その存在が世界的に有名になってしまったにもかかわらず、アメリカ政府およびアメリカ軍はエリア51の存在をはっきりと認めず、公式に否定もしていない。アメリカ政府の作成する地図にもエリア51は一切記載されていない。

一部ではジョークのネタにもなるような存在になっていながら、エリア51においてアメリカ政府およびアメリカ軍にとって重要かつ極秘にすべきことが行われていることは明白であり、実際に「無断侵入者は射撃される」「撮影禁止」などといった警告看板が周辺に数多く存在し、実際に近くをうろついたり撮影をしていると、直ぐに警備員が飛んで来て警告を発するほど厳重な立入禁止区域となっている。  





ufo02.jpg
エリア51で撮られた謎の光
別窓 | UFO | コメント:0 | トラックバック:0 |
都内 自殺 事故物件紹介
これから引っ越そうと思うとき、一度は気になること それは物件の過去。

oshimateru2.jpg


自殺や他殺、そして焼死や転倒などの事故死などが発生した部屋を不動産業界では “事故物件” という。
事故物件の場合、不動産屋は借りようとしている客に対して、事故物件であることを告げるのが義務として
あるという。宅建業法に沿って告知をし、それでもよければ入居してもらうということになる。

しかし、事故物件は事故の次の入居者に告げることはルールとして義務となっているが、次の次の入居者に
告げることを義務としていない。つまり、過去に事故物件として存在していた部屋が、次の次の入居者には
何事もなかったかのように借り出されるわけである。こ、これは恐ろしい。たとえ幽霊を信じていなかった
としても、そこが誰かが死んだ部屋だと知っていたら住みたくないという人は多いはず。

「これから引っ越すのに不安じゃん!」という人に、ガジェット通信ネットウオッチャー班が必見のサイト
をご紹介しよう。そのサイトは『大島てる - CAVEAT EMPTOR』といい、過去に死亡者が出た物件をこと細か
く紹介しており、住所とマンションの部屋番号、そしてどういう死に方をしたのかまで書いているのである。
これはマスコミにすら知らされない情報であり、一般人の私たちが知る由もない情報である。そう、この
サイトは不動産屋(もしくはいくつかの物件を持つ家主)が運営しているのだ。そもそもこのサイトは
『大島てる』という屋号(?)で物件を紹介している人物のサイトで、事故物件情報とともに、まともな
物件情報も掲載されている。

このサイトでは、「本サイトでは,殺人事件や火災による死亡事故等の嫌悪すべき歴史的事実があった
物件を事故物件と定義します」と、明確に事故物件の定義をしている。このサイトが紹介している事故
物件は、東京23区、横浜市、川崎市の3地区で、『Google Maps』のシステム上で事故物件を調べることが
できる。事故物件がある場所には炎のマークがついており、そのマークをクリックすると住所と部屋番号、
そしてどのような死に方をしたのか書かれているのだ。



大島テル
http://www.oshimaland.co.jp/index.html
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
巨大イカ
ダイオウイカ 
スカンジナビアには、深海にひそみときおり海面に現れては漁船を水中に引きずり込む怪物の伝説がある。19世紀の中頃になってようやくそれが巨大なイカであることがわかってきた。

ika-thumb.jpg


形態
非常に大きなイカで、日本での発見例は外套長1.8m、触腕を含めると6.5mにもなるという。ヨーロッパで発見されたタイセイヨウダイオウイカで、特に大きなものは体長20mを超えたとも言われる。

ダイオウホウズキイカとともに、世界最大級の無脊椎動物(同時に、頭足類)として知られている。

直径30センチメートルにもなる巨大な目を持ち、ダイオウホウズキイカとともに、生物界で最大とされている。これによりごく僅かの光をも捉え、深海の暗闇においても視力を発揮できる。

触手の長さと胴体の大きさに比べて、胴体先端の遊泳鰭が小さく、筋肉中にアンモニウムを大量に含んでいることから遊泳能力はあまり無いとされてきたが、後述する生きた姿の撮影によって、そうではないとされるようになった。


生体
北アメリカやヨーロッパ付近の大西洋、ハワイ島付近、日本では小笠原諸島などの広い範囲で発見例があるものの、深海に棲息するため、全体としては発見された数が少なく、しかも、台風によって浜辺に打ち上げられたり、死骸が漂着するなどの発見例がほとんどである。2006年(平成18年)12月、世界で初めて日本の研究家がダイオウイカの映像を撮影することに成功したぐらいで、生きている個体を見られることはほとんど例がない。そのため、生態については、とても強い力を持ち、深海で活発に動き回っているという程度しか判明していない。生きた個体の体色は赤褐色であることが確認されているが、標本や死んで打ち上げられた個体は、表皮が剥がれ落ち、白く変色する。

天敵はマッコウクジラであると言われる。マッコウクジラの胃の内容物から本種が発見されることも多く、皮膚に吸盤の痕跡が残っていたりもする。ダイオウイカの吸盤には鋸状の硬い歯が円形をなして備えられており、獲物を捕獲する際にはこれを相手の体に食い込ませることで強く絡みつくと考えられている。しかし、マッコウクジラはこの吸盤でしがみつかれて体表を傷つけられても、構わずに丸呑みにしてしまう。弱った個体がサメなどの他の肉食動物の餌にされたり、幼体時の浮遊期にも、稚イカが多くの生物の餌になっていると思われる。

一方、ダイオウイカが捕食する獲物は、オレンジフィッシャーやホキといった魚や、アカイカ、深海棲のイカなどであることが、胃の内容物などから明らかにされている。

ダイオウイカの卵はクリーム色もしくは白色をしており、およそ1mm程度である。


battle2.jpg



ダイオウイカによって刻み付けられた
吸盤の傷痕が残るマッコウクジラの皮膚

230px-A_piece_of_sperm_whale_skin_with_Giant_Squid_sucker_scars.jpg



最近のニュース
ダイオウイカが深海で捕食する様子を、日本国立科学博物館の窪寺恒己らが史上初めて撮影に成功。2005年(平成17年)9月27日、科学雑誌『ネイチャー』に発表した。

2006年(平成18年)12月4日、同じく窪寺とNHKの調査チームにより、生きているダイオウイカが小笠原において捕獲された。その際、漏斗から海水を勢いよく噴き出して強い推進力を得ることが映像によって確認され、「深海をゆっくり移動して生活している」とする従来の説が否定された。

2007年(平成19年)7月10日、タスマニア島西岸の港町ストローン近郊のオーシャンビーチに打ち上げられた。

2008年(平成20年)7月28日、日本国立科学博物館新宿分室にて、動物第3研究室長・窪寺恒己の監督の下、インターナショナル魚拓香房の山本龍香会長および会員が、ホルマリン保存されていたダイオウイカを水槽から出して間接法によるカラー魚拓を制作した。触腕と触手を伸ばした構図で、ダイオウイカが元気に水中を泳いでいる姿を色鮮やかに魚拓として完成させることに成功した。実物大のダイオウイカが生前の体色で詳細に再現された貴重な魚拓である。この魚拓作品は2枚制作され、1枚は科学博物館に教育用資料として活用されるべく贈呈された。制作状況はNHKテレビ番組『熱中時間』で取材され、2008年10月9日にNHK衛星第2放送にてドキュメンタリーとして紹介された。

2010年(平成22年)2月20日、日本の新潟市西区五十嵐一の町の海岸で、腕を含め全長3.4m、体重109.2kgのダイオウイカの死骸が漂着した。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ザワザワ
あれは僕が小学5年生のころ。
当時、悪がきで悪戯ばかりだった僕と、
友人のKは、しょっちゅう怒られてばかりでした。

夏休みのある日、こっぴどく叱られたKは、
僕に家出を持ちかけてきました。
そんな楽しそうなこと、
僕に異論があるはずもありません。

僕たちは、遠足用の大きなリュックに
お菓子やジュース、マンガ本など
ガキの考えうる大切なものを詰め込み、
夕食が終わってから、近所の公園で落ち合いました。
確か、午後8時ごろだったと思います。
とはいっても、そこは浅はかなガキんちょ。
行く当てもあろうはずがありません。

「どうする?」
話し合いの結果、畑の中の小屋に決まりました。
僕の住んでいるとこは、長野の片田舎なので、
集落から出ると、周りは田畑、野原が広がっています。
畑の中には、農作業の器具や、
藁束などが置かれた小屋が点在していました。
その中の、人の来なさそうなぼろ小屋に潜り込みました。

中には、使わなくなったような手押しの耕運機?があり、
後は、ベッドに良さそうな藁の山があるだけでした。
僕たちは、持ってきた電池式のランタンをつけ、
お菓子を食べたり、ジュースを飲んだり、
お互いの持ってきたマンガを読んだりと、
自由を満喫していました。


どのくらい時間がたったでしょうか。
外で物音がしました。
僕とKは飛び上がり、
慌ててランタンの明かりを消しました。
探しに来た親か、小屋の持ち主かと思ったのです。
二人で藁の中にもぐりこむと、
息を潜めていました。

「ザリザリ・・・・ザリザリ・・・」
何か、妙な音がしました。
砂利の上を、何かを引きずるような音です。
「ザリザリ・・・ザリザリ・・・」
音は、小屋の周りをまわっているようでした。
「・・・なんだろ?」
「・・・様子、見てみるか?」
僕とKは、そおっと藁から出ると、
ガラス窓の近くに寄ってみました。

「・・・・・!!」
そこには、一人の老婆がいました。
腰が曲がって、骨と皮だけのように痩せています。
髪の毛は、白髪の長い髪をぼさぼさに伸ばしていました。
「・・・なんだよ、あれ!・・・」
Kが小声で僕に聞きましたが、僕だってわかりません。
老婆は何か袋のようなものを引きずっていました。
大きな麻袋のような感じで、
口がしばってあり、長い紐の先を老婆が持っていました。
さっきからの音は、これを引きずる音のようでした。

「・・・やばいよ、あれ。山姥ってやつじゃねえの?」
僕らは恐ろしくなり、ゆっくり窓から離れようとしました。

ガシャーーーン!!
その時、Kの馬鹿が立てかけてあった鍬だか鋤を倒しました。
僕は慌てて窓から外を覗くと、老婆がすごい勢いで
こちらに向かって来ます!
僕はKを引っ張って藁の山に飛び込みました。

バタン!!
僕らが藁に飛び込むのと、
老婆が入り口のドアを開けるのと、
ほとんど同時でした。
僕らは、口に手を当てて、
悲鳴を上げるのをこらえました。

「だあれえぞ・・・いるのかええ・・・」
老婆はしゃがれた声でいいました。
妙に光る目を細くし、
小屋の中を見回しています。
「・・・何もせんからあ、出ておいでえ・・・」
僕は、藁の隙間から、老婆の行動を凝視していました。
僕は、老婆の引きずる麻袋に目を止めました。
何か、もぞもぞ動いています。
と、中からズボっと何かが飛び出ました。

(・・・・・!)
僕は目を疑いました。
それは、どうみても人間の手でした。
それも、子どものようです。

「おとなしくはいっとれ!」
老婆はそれに気付くと、
足で袋を蹴り上げ、
手を掴んで袋の中に突っ込みました。
それを見た僕たちは、もう生きた心地がしませんでした。

「ここかあ・・・」
老婆は立てかけてあった、フォークの大きいような農具を手に、
僕たちの隠れている藁山に寄ってきました。
そして、それをザクッザクッ!と山に突き立て始めたのです。
僕らは、半泣きになりながら、
フォークから身を避けていました。
大きな藁の山でなければ、今ごろ串刺しです。
藁が崩れる動きに合わせ、
僕とKは一番奥の壁際まで潜っていきました。
さすがにここまではフォークは届きません。

どのくらい、耐えたでしょうか・・・。
「ん~、気のせいかあ・・・」
老婆は、フォークを投げ捨てると、
また麻袋を担ぎ、小屋から出て行きました。
「ザリザリ・・・・ザリザリ・・・・」
音が遠ざかっていきました。

僕とKは、音がしなくなってからも、
しばらく藁の中で動けませんでした。
「・・・行った・・・かな?」
Kが、ようやく話し掛けてきました。
「多分・・・」
しかし、まだ藁から出る気にはなれずに、
そこでボーっとしていました。

ふと気が付くと、背中の壁から空気が入ってきます。

(だから息苦しくなかったのか・・・)
僕は壁に5センチほどの穴が開いてるのを発見しました。
外の様子を伺おうと、顔を近づけた瞬間。

「うまそうな・・・子だああ・・・・!!」

老婆の声とともに、
しわくちゃの手が突っ込まれました!!

僕は顔をがっしりと掴まれ、穴の方に引っ張られました。
「うわああ!!!」
あまりの血生臭さと恐怖に、
僕は気を失ってしまいました。


気が付くと、そこは近所の消防団の詰め所でした。
僕とKは、例の小屋で気を失っているのを
親からの要請で出動した地元の消防団によって
発見されたそうです。
こっぴどく怒られながらも、
僕とKは安心して泣いてしまいました。


昨晩の出来事を両方の親に話すと、
夢だといってまた叱られましたが、
そんなわけがありません。

だって、僕の顔にはいまだに、
老婆の指の跡が痣のようにくっきり残っているのですから。

別窓 | 怖い話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
超巨大サメ メガロドン
メガロドンは、約1,800万年前から約150万年前(新生代第三紀中新世半ばから鮮新世)にかけての、海が比較的暖かった時代に生息していたサメである。現生のホホジロザメと近縁という考えられている。

mega.jpg


特徴
全長は最大個体の推定値13mまたしばしば取り上げられるものとして約20m,100tと幅が広いがいずれにしても、通常値で現生ホホジロザメ(全長約4.0- 4.8m、最大個体の推定値約6.0m)よりはるかに大きく、最大個体ならば平均的メスのマッコウクジラ(通常約12-14m)と同大である。なお、一時主張された40m説などはすべての歯が最大化石で構成されているとして復元したもので、現在では否定されている。

加えて、しばしば誤解があるがメガロドンの大きさと称されるものは大抵最大個体の全長であって16-13mが平均個体のレンジであるように書くものは誤記である。サメ類は軟骨魚類であり基本的に歯しか化石になりえない上、歯は何度も生え変わるため年齢の判定が難しい。よって発見された中で一番大きな歯を持ってきて最大「~m」と推察することはできても平均的に成体が何mという記述のされ方は学術関係ではまずされない。参考までに同種と近いとされるホホジロザメでは最大個体と平均個体には重量で倍近い差がある。

出現
新生代第三紀始新世(約5,500万-約3,800万年前)に登場したクジラの仲間は、中新世(約2,300万-約500万年前)にはさまざまな種類に進化し生息数も増加した。現在のハクジラやヒゲクジラの仲間のほとんどは中新世末期に登場している。中新世から鮮新世にかけての脊椎動物が豊富にいたと思われる海域の地層からは、メガロドンとクジラの化石が大量に見つかっており、大型のクジラの背骨やヒレの骨格の化石にはノコギリ状の縁が特徴的なメガロドンの歯による噛みあとが見られる。そのため、クジラを主食にするという生態的地位(ニッチ)が成立したこと、言い換えればクジラが豊富になって、それを主食として生活する事を可能にする条件(巨大海生動物の捕食者ニッチ)が整ったことから、その条件・地位を埋めるかたちでメガロドンが出現してきたと推測する研究者もいる。

ちなみに中新世のクジラは、現在のサイズの基準でいえばほとんどがイルカであり、メディア上で語られるあたかも現生の巨大なクジラを捕食していたようなイメージは間違いである。


絶滅
メガロドンは鮮新世(約600万-約200万年前)中期に絶滅したと考えられている。これは、大陸棚の海水温低下と、クジラが寒冷な海域に逃げ込んだことによって、その生態的地位が存在しえなくなったためとされる。変温動物であるサメは恒温動物であるクジラのようには低温の環境に適応できない。

ただしアニマルプラネットなどで放映された異説に

メガロドンが属するとされるネズミザメ科は一般に奇網と呼ばれる体温維持システムを備えている。
ある程度寒冷化が進んだ後の高緯度地方からも本種の歯牙化石が発見されている。
故に寒冷化が主因という見方はおかしく

同じくクジラを捕食するシャチがクジラ類から出現するのとほぼ同時に本種が絶滅している。
サメ類は浮袋を備えないため巨大化するほど遅くなる傾向がある。奇網がなかったのならウバザメ、ジンベエザメより著しく素早く機敏であったと考える合理的根拠は無い。奇網があったにせよ速度などではホホジロザメより劣るはずである。
しばしば現生ナガスクジラと同大の鯨類を捕食していたように語られるが、外洋に適応したばかりの4m程度の原始的なクジラ類ケトテリウムなどが主食だったはずであり、彼らも現生のクジラ類に淘汰されメガロドンにやや遅れて絶滅している。
つまりメガロドンにとって餌も対抗種も急激に強力になり「進化について行けず淘汰されただけである」という異説もある。

特にシャチの出現がとどめになったとする見解が強い。メガロドンは出生時既に成体のホホジロザメより巨大と考えられ、そのためメガロドンの絶滅寸前までクジラ類、魚類を含め幼体であれメガロドンを狙うような捕食者は存在しなかったと予想できる。当然、メガロドンの繁殖ペースはそれを前提としていた事となる。しかし、シャチならば少なくとも幼体のメガロドンは捕食出来たと考えられる(現生のシャチもホホジロザメを襲う観察例が幾つもある)。つまり単に同じニッチでの競合というだけなく、直接シャチに捕食圧を受け、淘汰された可能性すらある。

メガロドンの歯
rimg0925.jpg


生存説
海中の大型捕食動物は、陸上よりも気候の変化等に影響されにくいと考えられており、1918年のオーストラリアの巨大ザメ目撃談や1954年に船に突き刺さった“ホホジロザメの物と同様の形状を持つ巨大なサメの歯(長さ10cm)”などから、今でも生き残っていると考える人々もいる。約6,000年前のものと思われる歯の化石も発見したと主張されているが、学問的には捏造とされている。またその個体数を維持するための獲物として不可欠であろう小型の鯨類がほぼ存在しないため、生存していたとしても生息数は非常に少ないとみられる。
別窓 | UMA | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | 情報屋の隠れ宿 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。